腰痛のケアのポイントは、うつ伏せ.

全国2800万人が悩むという、腰痛。

吉田ひとみです。

とうとう、2019年も終わりですね。

寒いのと、師も走る師走ということで
身体がいつも以上に働いている方が多いかもしれません。

身体の不調の中でも、最も多いものの一つが、腰痛です。

 

私は最近になってからは腰はなんともなかったので
セルフケアを特別視することはなかったのですが

幸い、「出産」という大仕事をしましたので
産後の骨盤が分解されているような感覚と同時に
やはり痛みも経験しました。

3人目になると、やはり1人目の後とは違います。
(ただ、1人目より楽な部分は多々あるのですが)

腰の不調はすべてのパフォーマンスが下がる。

 

それで、セルフケアをやっていたんですが・・・

そもそも、この部分が痛いと
セルフケア自体をやる気が起きません。ですよね。

 

そこで、腰痛など身体の中心部に近いところに痛みがある場合
セルフケアにはポイントがあることに改めて気づきました。

ポイントは、3つです。

腰のセルフケアのポイント
1.うつ伏せ
2.痛くないように
3.自分で動かす>他人が動かす>他人による指圧など

結論を言うと

「痛みが出ているのに、その部分を動かすことはしない」

でも「動かす」ことが大事なんです。

私は産後直後から2週間ぐらいは、
実は仰向けから起き上がることすら痛かったんです。

足を持ち上げようとすると、恥骨が痛い。
寝返りしようとすると骨盤の後ろ(仙腸関節)が痛い。

どうしたもんかと思い、考えてみました。

そこで、骨盤ベルトをつけた状態で、

・うつ伏せでのある動きを2種類
・四つん這いでの動きを3種類すると

すっかり骨盤周りの引っ掛かりと痛みが取れました。

その状態で、やっと仰向けでのケアをしても
気持ちよく行うことができました。

腰痛になる前に、日々リセットしておくことが本当は大事です。

実は、ギッ○リ腰などになってしまうと、仰向けで寝ることすら痛くなり
セルフで体を動かすなんて気力すら起こりません。

いつもやっているケアをしても痛い。(だから予防的なケアってめちゃ大事)

そこで痛いままセルフケアをがんばると、逆効果。
仰向けで膝立てて倒して、体をひねろうもんなら・・・かなりキツイでしょう。

予防的にはバッチリいい動きでも、痛みがあるときは助長しかねません。

そこで・・・

実はうつ伏せであれば、背骨や骨盤周囲の痛みが少なく体が動かせるんです。
調整も、一瞬でできます。

ぜひ、「痛み」が出てしまった時のセルフケアの基本は
「痛みがない」範囲で、でも「自分で動かす」

覚えておいてくださいね。

セルフケア諸々は、MIND ∞ BODY Clearing Methodでお伝えしていますよ。

腰痛がMIND ∞ BODY Clearing Methodで改善した方の体験談↓

それでは!

原理原則から学んで、身体と心を整える。

あなたは今、身体になんとなくでも違和感や不快感、感じていませんか?

もしくは、生理前や生理に関するお悩みはありませんか?

毎日、気分良く機嫌よく過ごせていないな〜と感じていませんか?

そんな女性のために私たちは

「身体も心も同時に整う、セルフケアメソッド」をお届けしています。

こちらから、無料メール講座&メールマガジンとして受け取れます。

ご興味ある方は、ぜひ読んでみてくださいね。

「MBCメソッド」LINE公式アカウント

友達追加または、「セミナー」と話しかけると、開催情報が届きます!(応答時間外に話しかけてね)

無料メールマガジン配信中です

最近のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です