コミュニケーションのやりづらさの原因とは?

お互いに話が通じない?!

 

吉田ひとみです。

あー、この人やりづらいな
この人めんどくさいなあ
と思ったことはありませんか??

そんなコミュニケーションのやりづらさの原因は
いったいどこにあるんでしょうか?

今日はそんなお話です。

 

黒ロンT脱ぎ捨て事件。

これは、今日の吉田家のやりとりです。

私「また脱ぎ捨て??」(息子のTシャツがぐちゃっと落ちている)

夫「たたんであったのに〜」

私「あれ?これ昨日(息子が)着てたよな?」

夫「ちょっと着たぐらいで洗濯なんかせんでいいねん〜」

私・・???

私「着てたよなって言っただけやけど」

夫「じゃあそれってどういう意味やねん〜!」
夫「洗濯するつもりじゃないのに言わんやろ!」

????

とこのような感じで
なんかもう説得も説明もめんどくさい感じに。

しかも、めんどくさいのはどうやら
相手も、のようです。
なぜか小競り合いになってしまいました。

子どもの遊びに付き合ってる時間なんてないはずが・・・

一方で、今日は息子とねんど遊びをしました。

最近、私と息子は二人で一緒にサクッと
毎朝予定を立てています。
ほんの10分ぐらいで。

そこで
「お母ちゃんも用事があるから、〇〇(息子)ちゃんは
お母ちゃんと一緒に何かしたいことがあったらそれは言っといてね。
時間合わせるからね」

と言って、14時からねんどを始めて
30分ほどは集中して一緒に遊びました。

でも、今までは違ったんです。

今までは、「お母ちゃん遊んで遊んで」って言われても

今仕事してるのに〜とか
今用事してんのに〜とか
あとでねーとか

息子はなかなか遊んでくれないもやもやで
一方私も遊んであげられない

でも、そんなことしてたら自分の仕事ができないし〜
とモヤモヤ・・・・

そんな経験、したことはありませんか?

実は、私がまさにそうだったんです。

子どもとたっぷり遊んだのに、自分の時間もちゃんとある?!

 

それが今日、一緒に粘土遊びをして
私もすごく集中して子供と遊んであげられました。

で、しっかりその時間集中して遊んだにも関わらず
今日やる予定の仕事も、むしろいつも以上にできる、
というような感じになりました。

そうなったらいいと思いませんか??

実は、さっきの「脱ぎ捨て事件」と
この、ねんど遊びとは共通点があります。

実はコミュニケーションがうまくいくかどうかのポイントはここにあったんです。

いったいそれは何か。

地図です。

これを改善すると実はコミュニケーションはぐーんとやりやすくなります。

コミュニケーションがうまくいくポイントは、「地図」。

 

実は、先ほどの夫婦のやり取りは
「着てたよな」と言っただけで、洗濯をしたとかしてないの話が出てきたんですが
これは相手(夫)の頭の中の地図にそういう繋がりがあったからなんですね。

 

で、相手は相手の地図の中で話してるんですけれども
私の地図とは違うんですね。

 

で、相手の地図と自分の地図が違うと
お互いの解釈のぶつけ合いになって
事実を確認するのがすごくやりづらくなります。
そして、時間がかかるのでめんどくさくなります。

 

一方で、息子とあらかじめやっていたのは

  • いつ何時にお互いどんなことがやりたい
  • そしてどのぐらいで辞める
  • じゃこの時間を合わせようね

という共通の地図を持っていました。

 

そうすると息子も遊んでもらって満足ですし
私も集中できて、遊べて良かった〜と思えたんです。

実はコミュニケーションのカギは、「地図」にあった。

 

その「地図」を共有しておくとうまくいきます。

「地図=マップ」は10分で共有できる。

 

そしてその「地図=マップ」はたった10分で
相手とも共有することができます。

たとえ相手が、たった6歳の子どもであっても。

是非このことを覚えておいてくださいね。

それでは!

10min FOCUS Mapping初級講座とは

10min FOCUS Mappingオンライン講座について
詳細は以下の画像をクリックしてご覧ください。

無料メールマガジン配信中です

最近のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です