なぜ、「そのまま聞く」が大事なのか?

吉田ひとみです。
今日は、面白いことを発見しました。

以前からわたしは師匠に
「耳を鍛えなさい」と言われてきました。

それはなぜなのか?

その答えをはっきりは示してもらっていませんが
今日、「耳を鍛える」がなぜそんなに大事なのか?

の一つの答えが見つかったので
共有させていただいてもよろしいでしょうか?

耳を鍛えていないとこんなトラブルが起こる。

「耳を鍛える」ができていないと
会社では、同僚や上司、部下とのコミュニケーションにすれ違い(齟齬)が
起きてしまったり、

何かを学ぶ際に
講師が言っている言葉の裏側といいますか

なぜ、その発言をされているのか?
を読み取れなくなります。
つまり、取り違えます。

ですので、師から教わった通りの結果が出にくい・・・
ということになります。

そんな「耳を鍛える」重要性を
お話ししますね。

数字と分割と選択肢。

今日、わたしは同志が集うメッセンジャーに
ある質問を投げかけました。

具体的な部分は省きますが

”「〇〇,〇〇〇円と書いてあるだけなのと
(中略)
〇,〇〇〇円で受講を開始できます」

という分割払いがあるのとでは
どうですか?受講のハードルは低くなりますか?”

と聞いたのです。

そうしたら、ある方がいいました。

”「選択肢が増える、ですね!」”

また別の方はいいました。

”「分割いいですね!
選択肢が増えると、受講しやすくなると思いました!」”

ここです。

え、なにが?って感じですか?

わたしは、質問の中で
「選択肢が増える」とは
一言も言ってないのです。

分割払いという
”選択肢が増えている”のは
間違いではないのですが

このように
わたしが発した言葉をそのまま受け取らず
「別の表現で置き換えてしまう」と

ある問題が起こります。

それは、
「意図の取り違え」です。

表現を置き換えた瞬間、相手の意図や背景まで置き換わる。

「選択肢が増えるんですね」
もう、この時点でわたしの質問の意図は

「選択肢が増えれば、行動しやすくなる」
に、置き換えられてしまっています。

しかし、わたしが質問をした意図は何かと言うと
実は、全然違うものでした。

「心理的に購買ハードルが下がる数字マジックがある」

を、皆に質問することで検証していたのです。

このように
「相手の言葉をそのまま聞く」をしていないと
相手の意図を読み取ることが簡単でなくなってきます。

その結果、相手から盗めるはずだった『知恵』を
取り逃がすことになります。

さらには、他人から学んでいるのに
ずっと「自分の解釈の海」から
抜け出せない・・・状態に。

なので、他人からの学びを最大にするためにも
「そのまま聞く」
=「耳を鍛える」を

あなたもぜひ、トライしてみてください。

わたしも、絶賛修行中です。

では。

原理原則から学んで、身体と心を整える。

あなたは今、身体になんとなくでも違和感や不快感、感じていませんか?

もしくは、生理前や生理に関するお悩みはありませんか?

毎日、気分良く機嫌よく過ごせていないな〜と感じていませんか?

そんな女性のために私たちは

「身体も心も同時に整う、セルフケアメソッド」をお届けしています。

こちらから、無料メール講座&メールマガジンとして受け取れます。

ご興味ある方は、ぜひ読んでみてくださいね。

「MBCメソッド」LINE公式アカウント

友達追加または、「セミナー」と話しかけると、開催情報が届きます!(応答時間外に話しかけてね)

無料メールマガジン配信中です

最近のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です